素材へのこだわり

西都の大地の恵みと自然の産物から生まれる正春酒造の焼酎

西都市西部の山側を三納(みのう)地区と言われておりますが、
当社の酒造工場はここにあります。蔵の裏から先は、ほとんど民家は存在せず、
すぐに山へと繋がっていますが、蔵から山へ車で5分ほど走ったところに、
当社の命とも言える、水源「清水兼(きよみずがね)」があります。

地下に9本の水脈があると言われており、付近一帯を「九流水(くるす)」と呼びます。
この地下水を汲み上げて、割り水・仕込み水としていますが、“硬度34mg/=hで、
芋焼酎には絶妙の相性だとか。もともとこの地帯は、太古の昔は海底で、
山奥からも貝の化石も発見されています。長年堆積された天然の地層フィルターを
通った地下水なので、ミネラル分の多いことが想像できます。
国道219号線を上って熊本県人吉市方面へ抜けたあたりの、その国道沿いにある、
一ツ瀬ダムの色がミルク色に濁っているのは、、このミネラル分を豊富に含んだ
証しとも言えます。

この芋焼酎の原料となる芋は黄金千貫(コガネセンガン)という種類の芋です。
度重なる品種改良の甲斐あって、でんぷん質を多く含んでいるのが最大の
特徴で、芋焼酎を造るためには理想的なサツマイモとなりました。

昭和40年代の中頃になると、その事実が広く世間に知れ渡り、
多くの農家が黄金千貫(コガネセンガン)の栽培を始めました。
それ以来、南九州で作られる芋焼酎のほとんどは、
黄金千貫(コガネセンガン)を用いたものになりました。
黄金千貫(コガネセンガン)の特徴は第一に、でんぷん質が豊富であり、
食べてもおいしく、蒸すと甘い香りが漂い、これを芋焼酎に使用することで、
大変まろやかで柔らかな風味になるのです。

黒麹
古来沖縄の泡盛で使用されてきた麹菌で、明治期より九州 本土でも
使用される様になる。
当社製品「黒麹仕込 正春」(写真は黒麹)

白麹
黒麹菌の突然変異である。黒麹菌は黒色胞子により器具類や着衣などを黒く汚す
欠点がありそのような欠点の無い白麹菌が代わって普及 していった。
当社製品「逢初」「正春」